読書

いじめ解決についての本

半年前に本屋で『保護者のためのいじめ解決の許可書』という本が偶然に目に入ったので購入して読んでみました。その時は「子どもがいじめられた時の対応のため」という目的を持って読んだのではなくて、学校におけるいじめ問題の本質を理解するためだと考えました。

この本を読んで学校におけるいじめ問題や先生(教員)の方の大変さもよく理解できました。この本の特徴としては研究者が研究して書いた本ではなく問題解決に関わった(ある意味では当事者の)方が書いた本なので実用的で分かりやすいです。

先生(教員)の方のこと以外に、教育委員会のことや教育委員会と学校との関係もよく説明されています。いじめを解決したい方は勿論ですが、教育に興味のある方でも読んでみる価値は充分にあると思います。

色々な内容が書かれていますが、一番印象に残っているのは、学校で問題が起こった時にその解決のすべてを教育委員会に任せきりしてはいけないところです。

ベトナム人が急に退職する理由について前のページ

日本でベトナム人による犯罪が増えてきた原因について次のページ

ピックアップ記事

  1. ベトナム人の悪い癖その2:変な噂が好き!デマをすぐに信じてしまう人が多い。
  2. 久しぶりに技能実習生制度についていい記事が出て、感動しました。
  3. 日本を蝕む「極論」の生体という本を読んでみました
  4. 外国人労働者の受け入れは日本国内の賃金を低下させる悪循環
  5. 日本でベトナム人による犯罪が増えてきた原因について

関連記事

  1. 読書

    DNSに関する本を購入

    『DNSがよくわかる教科書』を購入して読んでみました。DNS等の基本…

  2. 読書

    『いい教師の条件』という本について

    今週は『いい教師の条件』を読んでいます。本の内容からすれば、教師を目…

  3. 読書

    『サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福』を読んでみました。

    『サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福』という有名な本を読んでいま…

  4. 読書

    『すべての教育は「洗脳」である。21世紀の脱・学校論』という本

    半年前にざっくり読んだ、ホリエモンさんの書いた『すべての教育は「洗脳…

  5. 変わってほしい日本

    『MMTによる令和「新」経済論: 現代貨幣理論の真実』を読んでみました

    最近、私用でちょっと忙しくなっていますが、すきま時間を活用して色々な…

  6. 読書

    日本を蝕む「極論」の生体という本を読んでみました

    『日本を蝕む「極論」の生体』(新潮社、2018年) を読んで見ました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめの記事

  1. 生活保護

最近の記事

  1. 外国人の生活保護と留学生の国民健康保険の問題は「廃止」と「変…
  2. 厚生労働省が行った技能実習生の派遣機関に対する実態調査は意味…
  3. 来日前の借金は日本国内での技能実習生による問題の原因ではあり…
  4. 23年のお正月に考えていることについて
  5. 話題になっているマイナンバーカードについて考えた事
  1. ベトナム人の犯罪・事件

    神奈川県河崎市でベトナム人がベトナム人を殺害!
  2. 感想

    毎日子どもを学校まで送り迎えをしている理由について
  3. 変わってほしい日本

    外国人労働者の受け入れは日本国内の賃金を低下させる悪循環
  4. 変わってほしい日本

    「空気を読む」のはすぐに辞めた方がいい!
  5. 変わってほしい日本

    連絡帳のことについて
PAGE TOP