読書

日本を蝕む「極論」の生体という本を読んでみました

『日本を蝕む「極論」の生体』(新潮社、2018年) を読んで見ました。
外部から監視や点検がなく、競争のない閉鎖的な空間の中で極論は生まれるという考え方を踏まえて、TPPやバブル賛美、地方消滅論などと言った意見の問題点を指摘しているのは、この本の主な内容です。


筆者の主張にたはすべて賛成しているわけではありません。しかし、「極論」の定義が面白いと、私は思っております。又、「極論」から距離を置いた方がいいという点は100%賛成しますが、実現するのは難しいと思います。
結局、「極論」は、その内容を主張している人間の考え方を表しているために、「正論」でも角度を変えれば、「極論」になってしまいますし、又見方によっては「極論」も「正論」になる可能性はあります。例えば、この本の中に、日本の人口減少問題を解決するには「移民しかない」と主張していますが、移民反対派からすればこの主張も「極論」しか見えないです。


他に気になった点と言えば、筆者は共産党批判の上、安倍政権を支援している気がするために、中立の立場に立ってこの本を書いたとは感じることができませんでした。


日本社会問題に興味のある方なら読んでみてもいいと思いますが、私としては「素晴らしいな」と思う所はまったくありませんでした。

地元の掲示板「ジモティー」活用について前のページ

日本政府は実習生の費用負担の調査をはじめた!次のページ

ピックアップ記事

  1. 市役所で子どもの1歳半健診について疑問を持っている事
  2. 「空気を読む」のはすぐに辞めた方がいい!
  3. 在留資格を取得するために、日本の会社を踏み台として利用するベトナム人を見分ける方…
  4. 外国人労働者の受け入れは日本国内の賃金を低下させる悪循環
  5. 会社に対するベトナム人従業員の警戒心の心理について

関連記事

  1. 読書

    『サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福』を読んでみました。

    『サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福』という有名な本を読んでいま…

  2. 読書

    『すべての教育は「洗脳」である。21世紀の脱・学校論』という本

    半年前にざっくり読んだ、ホリエモンさんの書いた『すべての教育は「洗脳…

  3. 読書

    いじめ解決についての本

    半年前に本屋で『保護者のためのいじめ解決の許可書』という本が偶然に目…

  4. 読書

    読書の目的について

    私は読書が大好きです。字が読めるようになった時から現在まで色々な本を…

  5. 読書

    『いい教師の条件』という本について

    今週は『いい教師の条件』を読んでいます。本の内容からすれば、教師を目…

  6. 読書

    小学校プログラミング教育の本

    新学習指導要領において、小学校では2020年度から、中学校では202…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 日本政府は実習生の費用負担の調査をはじめた!
  2. 日本を蝕む「極論」の生体という本を読んでみました
  3. 地元の掲示板「ジモティー」活用について
  4. 外国人労働者の受け入れは日本国内の賃金を低下させる悪循環
  5. コロナ禍中ベトナム人を雇っている企業さんが直ぐに手を打った方…
  1. 曖昧な指示

    ベトナム人雇用

    ベトナム人従業員に対する指示は曖昧な言い回しではなくて明白でなければならない理由…
  2. 雑記

    フランス留学の夢を
  3. 雑記

    デジタル庁のことについて
  4. 雑記

    ドメインがフェイスブックさんにブロックされた理由が判明しました。
  5. ベトナム人

    ベトナム人の悪い癖その3:とても遅く歩いている!やる気が見えない!
PAGE TOP