技能実習生

ベトナム人

外国人技能実習生が日本語を勉強しない理由について

私は以前、技能実習生を監理する通訳をしていた外国人です。私自身が日本語を学ぶ過程で多くの困難を経験し、技能実習生たちと一緒に働く中で彼らの日本語学習に関する困難に直面することがありました。私が監理をしていた期間中、多くの技能実習生が日本語の勉強をせず、仕事や日常生活で困っている様子を目にしました。私はそれに対して深い共感を覚え、なぜ彼らが日本語を学ばないのか理解を深めるために努力しました。その結果、私は以下の6つの理由を特定しました。

日本語が難しい

日本語は、非常に複雑な言語とされています。特に漢字の学習は、大きなハードルとなっています。多くの技能実習生は、簡単な日常会話や職場での必要最低限の言葉は覚えることができますが、漢字を学ぶことは非常に困難です。漢字は独自の読み方があり、日本語独特のニュアンスを持っています。漢字を覚えることなくても、日常のコミュニケーションが可能な場合があるため、技能実習生たちは漢字学習を優先しないことが多いです。

さらに、日本語の裏に隠れている建前と本音の文化も日本語の習得を難しくしています。技能実習生は、言葉だけでなく、日本の文化や社会のニュアンスを理解する必要があります。建前と本音の文化は、日本語を母国語としない者にとっては特に難しいです。技能実習生が日本語を学び、この文化を理解するには、日本の文化に触れ、日本人との交流が不可欠です。しかし、多くの技能実習生は、仕事が忙しいため、十分な交流が難しいのです。

出稼ぎ目的で来ているため、勉強する意思がない

多くの技能実習生は、日本に来る目的が「仕事」であるため、日本語の学習に対する意識が低いことがあります。実際、日本での技能実習は、最大で5年間と定められているため、一時的な滞在と考える実習生も少なくありません。実習生たちは、限られた時間の中で効率的に収入を得ることを重視しています。彼らにとって、日本語を学ぶことは二の次であり、時間を投資するべきものとは見なされていないのです。

さらに、実習生の中には、日本語を勉強することが職場での役立たないと考えている者もいます。日本に来てからの最初の数か月間、多くの実習生は、自国の言語を話す仲間と一緒に仕事をしています。そのため、日本語を知らなくても仕事をする上で困難になることが少ないのです。日本語を学ぶことが仕事に直接的な利点をもたらさない場合、実習生は日本語の学習に時間を割く動機を持たないことが多いです。

また、実習生は自分の国に帰国した後、日本語を活用する機会が少ないと考えていることもあります。彼らは、日本語のスキルが自国での就職活動やキャリアに対して有益でないと感じています。したがって、日本語を勉強することに対する意欲が低くなります。これは、実習生たちが日本語を学ぶ意欲を持たない重要な要因の一つとなっています。

出稼ぎ目的で来ているため、勉強する時間がない

技能実習生は日本での滞在期間中、長時間労働が一般的であり、勉強する時間があまりありません。多くの実習生は日本での仕事が厳しいと感じており、長時間労働が当たり前となっている場合もあります。労働時間が長いため、仕事終わりの疲労感が強く、日本語を学ぶための余裕がありません。

加えて、労働の合間の休憩時間も、多くの実習生にとっては体力回復やリラックスするための貴重な時間です。そのため、この時間を日本語学習に費やすことは、実習生にとっては難しい選択となることがあります。休日も、日本文化を体験したり、友人と過ごしたりすることが多く、日本語の学習に時間を割けないことがよくあります。

さらに、日本語学習には集中力が必要であり、長時間労働後の疲れた状態では、効果的な学習が難しいです。このような理由から、実習生は日本語を学ぶための時間を見つけることが難しくなります。

また、実習生が自国の言語を話す仲間と一緒に仕事をしている場合、彼らは休憩時間や休日にも自国の言葉を使ってコミュニケーションをとることが多いです。そのため、日本語を使う機会が少なくなり、日本語学習への意欲も低くなる傾向があります。

出稼ぎ目的の技能実習生は勉強が好きではない子が多い

技能実習生は、多くの場合、自国の状況から抜け出し、より良い生活を求めて日本に来ています。彼らは、短期間で多くのお金を稼ぐことを目的としており、学問に対する興味が薄いことが一般的です。実習生が自国で高等教育を受けていない場合もあります。そのため、彼らには日本語を学ぶための学習習慣がなく、自発的に日本語を学ぶ意欲が低いです。

また、実習生たちは仕事に集中することを優先し、勉強を続けることが難しいと感じることがあります。仕事が忙しく、勉強するための時間があまりない状況で、学習に集中するのは容易ではありません。

実習生が日本語を学ぶ意欲を持つためには、日本語学習が将来の利益につながると感じる必要があります。しかし、彼らの多くは日本での滞在期間が短いため、日本語を学んだとしても将来の利益を見込むことが難しいと考えています。そのため、彼らは日本語学習に対する意欲が低くなります。

監理団体や会社にサポートされて、勉強しなくても困らない場合が多い

技能実習生の多くは、日本に到着する前に、監理団体や受け入れ先の会社からある程度のサポートを受けています。このサポートには、日本語の基本的な会話力や日常生活で必要な知識の習得が含まれていることがあります。そのため、実習生は日本に来てからも、ある程度の日本語を使って生活することができます。

さらに、実習生は、自国の言語を話す同僚や先輩からのサポートを受けることができるため、日常生活においても日本語をあまり使う必要がありません。これにより、実習生は日本語をさらに学ぶ必要性を感じにくくなります。

また、監理団体や会社が通訳を提供することがあるため、実習生は仕事の中で日本語を使うことが少なくなります。通訳がある場合、実習生は日本語を使わずに仕事に集中できるため、日本語の学習に時間を割く必要を感じません。

実習生が日本語を学ぶ意欲を持つためには、日本語が実際の仕事や生活に役立つと感じることが重要です。しかし、監理団体や会社からのサポートがある場合、実習生は日本語を学ぶことが自身の生活や仕事にどれほど有益かを実感しづらくなります。

短期の出稼ぎで将来は日本語を使うと考えない人が多い

技能実習生は、自国での経済状況や家族の事情を考慮し、日本で一時的に働くことを決めています。実習生の滞在期間は、最長で5年までです。そのため、彼らは日本での滞在が一時的であると考え、将来的に日本語を使用する機会が少ないと感じています。

このような状況では、実習生は日本語を学ぶための時間を割けないことがあります。彼らは日本で働く期間が短いため、日本語を深く学ぶことが将来にあまり役立たないと考え、他のスキルや資格の取得に時間を使うことを優先します。

また、実習生の中には、日本での経験を通じて自国で起業を考えている人もいます。彼らは、日本で学んだ技術やノウハウを自国に持ち帰り、自分の事業を展開することを目標としています。そのため、日本語の学習よりも、自国での事業展開に役立つスキルを学ぶことを重視しています。

このように、実習生は、日本での滞在が一時的であるという考えを持っており、将来的に日本語を使用する機会が少ないと感じています。そのため、彼らは日本語を学ぶための時間を割くことが少なくなります。

私たちは、技能実習生が日本での生活をより充実させ、効果的に技能を身につけ、自国に戻ってからも活躍できるよう、日本語教育を含むサポートを継続的に提供することが重要だと考えます。日本語学習に関する障壁を乗り越え、日本と技能実習生の両方が得られる利益を最大化するために、積極的なサポートをお願いいたします。

技能実習生が日本語を学ぶことで、日本の労働市場だけでなく、日本社会全体にもプラスの影響をもたらすことでしょう。彼らが自信を持って日本語を使い、日本での生活や仕事に充実感を持てるよう、皆様の理解と協力をお願い申し上げます。

結論

技能実習生が日本語を学ばない理由は、様々な要因に起因しています。日本語が難しいこと、出稼ぎ目的で来日しているために勉強する意思や時間がないこと、そして多くの実習生が勉強を好まない傾向があること、などが一因として挙げられます。また、監理団体や会社からのサポートがあるため、実習生は日本語を使わなくても困らない状況が多く、最後に短期の出稼ぎであるため将来的に日本語を使う機会が少ないと考えていることも影響しています。

日本国内で技能実習生の受け入れが続く中、彼らが日本語を学び、日本の文化と社会に適応することは、日本の企業と技能実習生双方にとって有益です。日本語の習得は、実習生と日本人の間のコミュニケーションを円滑にし、互いの理解を深めることができます。そのため、実習生が日本語を学びたくなるような環境や支援を提供することは、日本の企業や監理団体にとっても重要です。

日本語の習得を支援するためには、実習生が日本語を学びやすい環境を整備し、日本語の習得が仕事や生活にどのように役立つかを示すことが必要です。これにより、実習生は日本語を学ぶ意欲を持ち、日本の社会に適応しやすくなります。

Reading Book「バカが読む本」から学ぶこと – Chat GPTについての本の評価とその意義についての深遠な考察前のページ

ベトナム人実習生の妊娠・出産問題:原因と対策を考える次のページ

ピックアップ記事

  1. ベトナム人の悪い癖その3:とても遅く歩いている!やる気が見えない!
  2. 在留資格を取得するために、日本の会社を踏み台として利用するベトナム人を見分ける方…
  3. ベトナム人を雇用している企業さんの通訳会社と管理会社のダメな活用方法について
  4. 会社に対するベトナム人従業員の警戒心の心理について
  5. 情報に疎い情報弱者にならないために、私が考えた、誰でも出来る9つの方法

関連記事

  1. 感想

    デジタル庁のことについて

    今日ヤフーニュースをみたら、「デジタル庁、来年9月発足」という記事が…

  2. ツイッター

    変わってほしい日本

    Twitterを数カ月使用して見えた事について

    ツイッターを使い始めて数カ月が経ちました。それまではあまりツイッター…

  3. 感想

    母国語が弱い人は、外国語の勉強も上手くできない場合が多い

    外国語の学習は、現代のグローバルな社会においてますます重要なスキルと…

  4. ベトナム人

    日本国内のベトナム人求人動向について感じた事

    最近日本国内に於けるベトナム人の求人状況からは変化が現れて来たと感じ…

  5. 変わってほしい日本

    日本少子化問題解決案を考えて見ました

    この数日、日本の少子化問題や出産率低下等について、新聞各社から色々な…

  6. 変わってほしい日本

    コロナ禍の中外国人に対する日本政府の政策について

    新型コロナ拡大の影響で、世の中が変わっています。日本も例外ではありま…

おすすめの記事

  1. 技能実習生
  2. Reading Book
  3. keep calm
  4. 情報弱者

最近の記事

  1. ベトナム人実習生の妊娠・出産問題:原因と対策を考える
  2. 外国人技能実習生が日本語を勉強しない理由について
  3. 「バカが読む本」から学ぶこと – Chat GP…
  4. 冷静さを保つ力 – ツイッターでの誹謗中傷から学…
  5. 母国語が弱い人は、外国語の勉強も上手くできない場合が多い
  1. 感想

    ブログが更新されなかった理由について
  2. ベトナム人雇用

    久しぶりに技能実習生制度についていい記事が出て、感動しました。
  3. ベトナム人

    日本に来ているベトナム人の借金の問題について
  4. ベトナム人の犯罪・事件

    神奈川県河崎市でベトナム人がベトナム人を殺害!
  5. ベトナム人雇用

    外国人労働者を雇っている企業さんの大変さ
PAGE TOP