ベトナム人雇用

日本政府は実習生の費用負担の調査をはじめた!

今週の火曜日(18日)のニュースによりますと、日本政府は実習生の費用負担を調査し始めたようです。具体的な内容を引用致しますので、ご興味のある方は、ご確認ください。

 外国人技能実習生が来日時に背負う多額の借金が国内での失踪につながっているとして、出入国在留管理庁と厚生労働省が、全国の実習生計約2千人を対象に、来日時の費用負担や実習先での金銭面の待遇といった実態調査を始めたことが18日、関係者への取材で分かった。

引用元: https://news.yahoo.co.jp/articles/e351e6fae18beb862920eeadafcddc0100ddb61a

調査の目的は、「制度を見直す」ようです。

このような動きは、問題のある技能実習生制度に対する政府の関心を表している為に、いいことだと思います。しかし、あまり意味がないと私が思っております。

意味のない理由は簡単に言えば、二つあります。一つ目は、「費用」が失踪の本当の原因ではないからです。この制度が始まった最初頃には、費用がほぼゼロでしたが、失踪も発生しました。その後、失踪防止対策として、「保証金」が取られるようになって、一旦失踪が減ったが、「失踪」は消えなかったです。

実は失踪の原因は「費用」よりも、滞在期間にあります。簡単に言えば、実習、研修期間が終わった後に日本に残りたい為に、失踪する場合が多いです。

それに、法律を守って、研修を受けている実習生が貰ってる「手当」と失踪して不法滞在者になった元の実習生の「給料」の差が大きいから失踪が増えています。

二つ目の理由は「費用」という問題は、実習生の本国の問題ともいえるので、日本政府だけでは簡単に解決できません。「費用負担が大きい為に借金を負っています。借金を早く返済したいので、失踪した」という実習生の言い訳を聞いて「費用負担」の解決に力を入れるよりも、実習生の賃金を見直したり、不法滞在者を雇っている企業に対する処分方法を考えたりした方が、早く問題解決に繋がると思います。

結論を申し上げますと、技能実習生の費用負担を調査したところで問題解決にはなりません。

日本を蝕む「極論」の生体という本を読んでみました前のページ

ピックアップ記事

  1. ベトナム人の悪い癖その3:とても遅く歩いている!やる気が見えない!
  2. ベトナム語通訳採用時の注意
  3. ベトナム人の悪い癖その2:変な噂が好き!デマをすぐに信じてしまう人が多い。
  4. ベトナム人を採用する為、日本の社長さんの「必要最低限の覚悟」について
  5. 日本を蝕む「極論」の生体という本を読んでみました

関連記事

  1. 変わってほしい日本

    『MMTによる令和「新」経済論: 現代貨幣理論の真実』を読んでみました

    最近、私用でちょっと忙しくなっていますが、すきま時間を活用して色々な…

  2. 変わってほしい日本

    SNSやメールを使用していない人について

    世の中はAI時代が始まったが、現在でもメールやSNSを使用しないよう…

  3. 変わってほしい日本

    市役所で子どもの1歳半健診について疑問を持っている事

    先日、娘が市役所の保健室で1歳半健康診断を受けました。1歳半の健診に…

  4. 変わってほしい日本

    日本の政治家についての動画を見てびっくりしました。

    政治家でも人間ですので、悪い人といい人、真面目な人と不真面目な人がい…

  5. リスクの覚悟

    ベトナム人雇用

    ベトナム人を採用する為、日本の社長さんの「必要最低限の覚悟」について

    世の中は変化が止まらないです。その為に 何かしようとする際はその変化…

  6. ベトナム人雇用

    ベトナム語通訳採用時の注意

    最近ベトナム人の労働者や留学生は増えてきたために、その管理の為に専任…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 日本政府は実習生の費用負担の調査をはじめた!
  2. 日本を蝕む「極論」の生体という本を読んでみました
  3. 地元の掲示板「ジモティー」活用について
  4. 外国人労働者の受け入れは日本国内の賃金を低下させる悪循環
  5. コロナ禍中ベトナム人を雇っている企業さんが直ぐに手を打った方…
  1. 変わってほしい日本

    市役所で子どもの1歳半健診について疑問を持っている事
  2. 読書

    『サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福』を読んでみました。
  3. ベトナム人の犯罪・事件

    ベトナム人実習生の給料が「低い」と言えない理由
  4. 読書

    いじめ解決についての本
  5. 変わってほしい日本

    小学校から支給されたタブレットを体験した結果、日本のGIGAスクールについて考え…
PAGE TOP