ベトナム人雇用

久しぶりに技能実習生制度についていい記事が出て、感動しました。

  最近ベトナム人の事件が増えてきて、犯人が技能実習生の場合も多い為に、技能実習生制度を批判している記事は殆どです。中には「技能実習生は奴隷制度だ」や「実習生の失踪原因は借金のせいだ」等を強調している記事も多いのは事実です。正直に申し上げますと、これらの記事を読んで私は飽きてしまいました。なぜかと言いますと、技能実習生制度の本質を理解できている記事(を掛ける記者)はなかったからです。

  この状況の中で、先日私は、『なぜ実習生は「失踪」するのか?「技能実習=奴隷労働」という大間違い』という記事を読んで、嬉しく感じました。なぜかと言いますと、実習生の失踪原因をはじめ、技能実習生制度の問題を理解できる記者が現れたからです。

  細かい内容は、上記のリンクらか記事を読んでもらえば確認できますが、印象に残っている内容だけ引用させていただきます。

――技能実習生の失踪についてメディアでしばしば取り上げられますが、統計で見ても労働時間が長いほど失踪者は少ない――そもそも「出稼ぎ」目的で来ているから、仕事がつらくて失踪するのではなく、稼げない職場から逃げ出す
澤田 あくまで私の取材の範囲ではと断っておきますが、後者のほうが多いです。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/articles/b13eecc3780e9b6fc30a78e2d803c6f64a75f6bb?page=2

上記の内容は私も同感です。「稼げない職場」とは賃金が安いです。賃金は最低賃金を踏まえて計算されている場合が多い為に、最低賃金が安い地方では「稼げない職場」が多くなります。又、技能実習生の場合は、給料(手当)は決まっている為に、稼ぐ為にはやはり残業が頼りになります。残業が少ない職場は「稼げない職場」になっています。このような職場は実習生がよく失踪する傾向です。

 もちろん、失踪原因は他にもあります。例えば、組合と受け入れ企業の管理体制が大きな影響を与える人間関係などだと思います。人間関係等は見えない部分なのですが、重要な部分で、上手く調整する為には、異文化の知識や共存共栄等が必要です。日本政府には近い内にこれらの見えない重要な要素にも力を入れてほしいです。

ベトナム人を雇用している企業さんの通訳会社と管理会社のダメな活用方法について前のページ

小学校3年生の息子の為にブログを開設する準備開始次のページ

ピックアップ記事

  1. 外国人労働者の受け入れは日本国内の賃金を低下させる悪循環
  2. アメリカの仮想通貨の大手交換所が破綻したことについて
  3. 地元の掲示板「ジモティー」活用について
  4. ベトナム語通訳採用時の注意
  5. ベトナム人の悪い癖その3:とても遅く歩いている!やる気が見えない!

関連記事

  1. ベトナム人雇用

    外国人労働者を雇っている企業さんの大変さ

    コロナ禍の中外国人による事件が増えて来ました。マスメディアも積極的に…

  2. 感想

    私が日本国内のレンタルサーバーを使用せず、海外レンタルサーバーにした理由について

    今回は、レンタルサーバーの選択についてのお話です。自宅サーバー運営歴…

  3. 感想

    CDN導入、HTTP/2をオンにして、会社のウェブサイトを最適化してみた

    当ブログについては、前にも書いた通り、最適化を行いました。数日様子を…

  4. 変わってほしい日本

    SNSやメールを使用していない人について

    世の中はAI時代が始まったが、現在でもメールやSNSを使用しないよう…

  5. ベトナム人

    在日ベトナム人が覚醒剤を密輸した事件が多発生した原因について考えて見る

    最近ベトナム人による事件が増加しています。失踪や不法滞在は日常茶飯事…

  6. 感想

    非通知電話について

    時々非通知で電話を掛けてきて、私が電話に出ないことに不満を言ってくる…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 技能実習生制度が廃止されたら、困るのは誰?
  2. 外国人技能実習生制度の見直しに対する私の考え方
  3. 小学校3年生の息子の為にブログを開設する準備開始
  4. 久しぶりに技能実習生制度についていい記事が出て、感動しました…
  5. ベトナム人を雇用している企業さんの通訳会社と管理会社のダメな…
  1. 読書

    いじめ解決についての本
  2. 感想

    フランス留学の夢を
  3. DIY日記

    小学校3年生の息子の為にブログを開設する準備開始
  4. ベトナム人

    ベトナム人の悪い癖その2:変な噂が好き!デマをすぐに信じてしまう人が多い。
  5. 読書

    DNSに関する本を購入
PAGE TOP