変わってほしい日本

『MMTによる令和「新」経済論: 現代貨幣理論の真実』を読んでみました

最近、私用でちょっと忙しくなっていますが、すきま時間を活用して色々な本を平行して読んでいます。その一冊は『MMTによる令和「新」経済論: 現代貨幣理論の真実』です。この本は、貨幣と日本経済についてとても分かりやすく書かれています。久しぶり本を紹介しておりませんので、今回この本を少し紹介します。

「日本政府の借金は○○兆円」、「国民1人当たりの借金は約○○万円」、「財政破綻」等のことがよくニュースに出ていて、不安になっている人も少なくありません。財政破綻になったらどうしようと悩んでいる人もいれば、現在の借金を次の世代に負ってもらうのも悪いと考えている方もいます。どうにかして政府に借金を減らして行けなければならないと皆さんは考えていると思います。それで、日本政府は増税しながら、支出を抑えて、発行する国債を減らして、政府の財政を黒字にしようとしています。個人のレベルで考えれば、確かに節約しながら、収入を増やして行けば、財産は増えますので、増税対策に賛成する人が多いと思われています。


しかし、この本を読めば今までの財政破綻論の情報はデマ(嘘)であることが分かります。実は日本政府の借金が円建てで、日本は自国貨幣発行権を持っている為、財政破綻があり得ないと著者が主張しています。又景気をよくする為には、インフラ率4%が上限で国債発行を通して金(円)を出した方がいいとも提案されています。
日本では、不景気が続いて、20年間 GDP成長率がマイナスになっている原因は、政府がお金を出していないとも断言さています。よく考えれば、確かにその通りです。必要な金が出回っていない為に景気が悪くなってしまいます。社会全体が元気を無くしてしまう状況に置かれています。


もう一つの面白い主張があります。それは 政府の赤字が国民の黒字であることです。細かいことはさておきますが、これも確かにその通りです。なので、政府が赤字になった部と同じで国民が黒字となり、景気よくなるのです。


経済に興味のある方、特に経済学専攻の学生の方は、一度読んで見てください。

日本国内のベトナム人求人動向について感じた事前のページ

ベトナム人の悪い癖その3:とても遅く歩いている!やる気が見えない!次のページ

ピックアップ記事

  1. 『MMTによる令和「新」経済論: 現代貨幣理論の真実』を読んでみました
  2. ベトナム人従業員に対する指示は曖昧な言い回しではなくて明白でなければならない理由…
  3. 市役所で子どもの1歳半健診について疑問を持っている事
  4. 読書の目的について
  5. 在留資格を取得するために、日本の会社を踏み台として利用するベトナム人を見分ける方…

関連記事

  1. 変わってほしい日本

    SNSやメールを使用していない人について

    世の中はAI時代が始まったが、現在でもメールやSNSを使用しないよう…

  2. 変わってほしい日本

    市役所で子どもの1歳半健診について疑問を持っている事

    先日、娘が市役所の保健室で1歳半健康診断を受けました。1歳半の健診に…

  3. 変わってほしい日本

    連絡帳のことについて

    日本では学校と保護者との連絡手段として「連絡帳」というものがあります…

  4. 素晴らしい日本

    非通知電話について

    時々非通知で電話を掛けてきて、私が電話に出ないことに不満を言ってくる…

  5. 読書

    『いい教師の条件』という本について

    今週は『いい教師の条件』を読んでいます。本の内容からすれば、教師を目…

  6. ベトナム人

    在日ベトナム人が覚醒剤を密輸した事件が多発生した原因について考えて見る

    最近ベトナム人による事件が増加しています。失踪や不法滞在は日常茶飯事…

おすすめの記事

最近の記事

  1. 日本政府は実習生の費用負担の調査をはじめた!
  2. 日本を蝕む「極論」の生体という本を読んでみました
  3. 地元の掲示板「ジモティー」活用について
  4. 外国人労働者の受け入れは日本国内の賃金を低下させる悪循環
  5. コロナ禍中ベトナム人を雇っている企業さんが直ぐに手を打った方…
  1. 変わってほしい日本

    学校の弱い立場と保護者の無責任
  2. 雑記

    ブログが更新されなかった理由について
  3. ベトナム人

    日本に来ているベトナム人の借金の問題について
  4. ベトナム人の犯罪・事件

    本当にベトナム人は金が無くて川魚で飢えをしのがなければならなかったのか?
  5. 読書

    日本を蝕む「極論」の生体という本を読んでみました
PAGE TOP